離婚なきフィリピンの現実は16世紀法治国家。

フィリピンでは離婚は出来ない。アナrルメント((婚姻の)無効宣告)という裁判を起こす必要がある。うちは法律事務所でうちの例ではないが、例えば、アナrルメント((婚姻の)無効宣告)という裁判を4年間もしているケース。別れた奥さんは別の男性との間に二人の子供が出来ている。別れた夫には既に3度目の同棲者がいる。4年の裁判裁判。しかし裁判所はこのアナrルメント((婚姻の)無効宣告)を認めない。

いや別れたばっかりで、アナrルメント((婚姻の)無効宣告)を認めないのはまだ解るが、この長期裁判、そしてこの現実でも、裁判官が認めない国家。それがフィリピンだ。こんなに人権を無視した国家は無い。何度も離婚法を定義するが、カソリック教会の反対から法案が通過しない。故にそんな前時代的な遅れたカソリック教会の信者数は30%以下まで落ち込んでいる。

世界は離婚で溢れている。ただ一時の衝動からの結婚。間違うことは当然ある。以下の表は離婚率の統計だが、左が人口1000名中の離婚率だが、なんとトップはロシア。昔の社会主義国家が上位を占めている。お隣韓国も日本より高い離婚率。右の表はカップル毎の離婚率だが、第一位はベルギーでヨーロッパ諸国が上位を占めている。

これだけの現実が有るにもかかわらず、フィリピンはおかしい。しかし、それなりの有識者である裁判官を含む司法関係者の考え方は16世紀なのか? デュテュルテ大統領は元検事。ここらへんで考えた方が良いと思うが。。。誰もフィリピン人とは異性として付き合わなく成ってしまう。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000