時の流れは早い。2009年の思い出。

2009年はマニラは台風の当たり年で、9 月末に台風 16 号(Ondoy)10月の末に台風21号 (MIRINAE)がマニラを直撃した。台風 16 号(Ondoy)は雨台風で、マニラの水源であるラメサ・ダムの水位が一杯になり、緊急放水により、流域が大洪水を起こし、その水がラグーナ湖の水位を上げて、ラグーナ湖周辺地域を水の下へ埋め尽くした。マニラもこうした状況下で水位が上がり、マカティですらすべての道が濁流となった。私も初めての経験であったし、マカチィのブエンヂア通りは胸上浸水で、その周辺にあるマンションの地下にある車両は水の下へ、そして住人はそれから3日間、マンションに缶詰と成った。その他のマニラの低い地域は2階まで水に浸かり、皆2階の屋根に登り助けを求めた。この洪水はラグーナ湖周辺ではその後2ヶ月間水は引かなかった。我々ロータリークラブ(当時はマカチィサウス)もシンガポール・日本の援助を受けて、合計8箇所で2万食の給食活動を行った。その一ヶ月後、台風21号 (MIRINAE)がマニラを直撃した。これは風台風で、多くの屋根が飛び、電柱を倒したので、マニラですら停電が5日間続いた。私の施設の庭に有った、マンゴの木はすべて倒れた。(写真)。しかし私の施設はこの間、一回も洪水にもならず、停電も8時間で復旧した。発電機を用意していたが、大きな混乱は無かったが、周りの地域はすごい洪水で、社員が来られない、帰れない状況はしばらくあった。

2009年はマニラ介護事業にとって、私は既に新規入居者を募集しなくなった年でもあった。

介護人・従業員も200名近く居たが、此処から自然減を待つ9年が始まった。それでも入居者の、特に女性の不満解消に社交ダンス教室をやったり、今はプールサイド・カフェだが、以前はプールサイド・バーに、お相手をする女性を用意していた。😂 私もテニスやゴルフをして暇つぶしをしていたが、今はやっていない。💧

5年前、このダンスインストラクター(マイキー)がカビテ・イムスの自宅で惨殺死体で発見された。2008年には私の施設長の日本人も、隣町のカランバで銃に撃たれ亡くなっている。マニラ33年間、知人の何人かが殺されている。危険と隣合わせ、日本にいたら無かったことだと思う。しかし、まだ安いなら仕方ないが、なんでもかんでも、日本より高い。それで、危険、汚い、秩序がない では10年前に止めると決心したことは、仕方ないフィリピンの現実である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000