フィリピンで流行るレストランの食事配達。

マニラで流行るレストランの食事のデリバリー。グラブフード、パンダとスマホから各レストランのメニューに入り込み、そこから注文ができて、それをグラブフード、パンダが配達して、配達料を取る仕組みだ。2回ぐらい急なお客で使った事があるが、まあ簡易なパッケージに包まれたものを配達してきます。グラブはバイク、パンダは自転車で来ますが、途中どうなっているかは、よく見かけますが、それほど衛生面を考えて破ってるとは思えません。

まあ日本は、レストランから客が持ち帰る(フィリピンでは持ち帰りが常識だが)ことすら、衛生上の責任が取れないと言うことで、断る店が大半であるし、今運輸省にグラブタクシーが申請されているが、タクシー業界から相当な反発が出ています。ましてやグラブフードは運輸省、厚生労働省にも許可が必要で、日本のレストランの衛生責任を誰が負担するのかの論議は、長引くでしょう。マニラでは食中毒でも、フィリピンの厚生省はすぐには対応せず、腹痛で死んでも、死んだ者の損。やった者勝ちの世界。フィリピンで飲酒運転しても、誰も捕まえない?だって飲酒の検知器が無い。速度違反も中国製の速度検知器を使い始めた時は有ったが直ぐ壊れて今はない。ただ日本のODAで作った高速道路クラークースービック、ターラックは日本製のスピード検知器で今でも捕まえている。😂

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000