マニラ男の手料理・今週は試してみるがテーマ。

まずはステーキをあまり豪華な肉でなくても美味しく食べられる方法とやらを試してみた。買ってきた肉に両側に2cm四方に切れ目を入れて、下ろし玉ねぎを肉全体にまぶして、冷蔵庫で2時間。それから焼く。美味しい。霜降りの特上肉は美味しいが、ケーキのようにパンチがない。肉のジューシーな美味しさが何か感じられないが、これはジューシーで美味しい。これはお薦めする。

次はかき揚げに挑戦。これは天ぷらなどの大きな固形物を揚げるのと違い、難しくて今まで先送りになっていたが、私が昔好きな料理屋で食べていた「枝豆と紅生姜とエビのかき揚げ」これに挑戦。作るにあたって、型くずれを防ぐ為の片栗粉の分量その他が難しく、花のようにする玉ねぎとの繋ぎも難しい。第一回目こんなもんでしょう。かき揚げうどんも作ってみた。油も温めたので「鶏串揚げ」なども作ってみた。また「つくね」の混ぜ合わせもちょっと工夫して、鶏ガラスープの雑煮、そして牛肉赤ワイン煮込み、ちょっとこれはもう少し工夫が必要だった。後は簡単にパスタや焼きそば、硬焼きそば等も作ってみた。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000