私が経験のない戦時下の経済の動きとチャンス。

昨日言ったように中国、北朝鮮、韓国が制裁で苦しみ、この半年でそのピークに達する。即ち日本の真珠湾攻撃と同じ状況に成ってきている。我々はアメリカのその時のように、のんびりと真珠湾攻撃を受ける訳には行かない。

防衛庁の考えでは、最初の一撃はサイバー攻撃であろうと予測しているようだが、ホルムズ海峡での2隻のタンカーへの砲撃。まあアメリカ発表ではイランによる機雷とのことだが、乗組員からの話では飛来する音が確かに聞こえたと言っている。小型ミサイルなのかどうかはまだ誰も確認していない。しかしホルムズ海峡はあまり大きくは無いが、東京大阪といえ、正規の貨物船で乗り入れられ、そこから小型ミサイルを発射することも可能であり、やろうと思えば様々な攻撃が可能である。真珠湾攻撃即ち奇襲という事は限りなく可能であり、もし日本がそうなれば、日本は戦時体制と成るわけだが、私も含めて戦時を経験していない者にとって、その時の経済の動きが頭の中で整理がつかない。

まず食料は足りているのか?石油は足りているのか?日本の石油ガス備蓄では日本の消費の208日間は持つているようであるが、日本に10箇所ある備蓄施設がこうした攻撃対象に成っていないか?水を供給するダムへの攻撃があるのか?勿論原発への攻撃があるのか?とかとか様々な要素があるので、一概には言えないが、68歳の私ですら、電気も水道もない生活はしなかった、ありがたい日本やフィリピンでの生活で、平和ボケの日本人がどうすればよいのかである。幸い私は今フィリピンで、取るもがのがないフィリピンには第一波の攻撃はないと思うが、それでも日本人として何が出来るのか?をすこし今考えている。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000