アニメの次は、日本短編ラブ・ドラマとその主題歌・日本の舌足らずメロディが、次の日本を牽引する。

日本に来る欧米人、特に女性は日本との最初の接点はアニメと答える人が多い。先日の京都アニメの悲劇は有ったが、日本人の心を訴えるアニメは世界の女性の共感を奮い立たせる。韓流ドラマ、KPOPは既に下火になる中、前にも言ったが、日本の舌足らずメロディ(ソング)は次第に世界に流れ始め、アニメの下支えをし始めたと、私は思う。

この黒人歌手のクリス・ハートもその一例である。彼はユニバーサル・ミュージック・ジャパンに所属しているが、最近は外国人のこうした日本の唄を歌う歌手のコンテストも増えソニーミュージックやその他も注目をし始めた。こぎれの良いオムニバススタイルの短編ラブ・ストーリーとその主題歌。日本の映像産業と音楽産業の世界への大きく羽ばたくチャンスが訪れたと思われる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000