日本に行く楽しみは「食」今回思ったが、やはり「京都」は美味しい。

「食」の大阪というが、40年前の大阪しか余り知らないが、今回は前に行かなかった下町の新世界や天王寺界隈、そして心斎橋あたりをウロウロして、面白そうなお店には飛び込む形で大阪だけで2日間で8軒は回った。その結果として、入ったところが悪かったのかも知れないが、大阪は「手抜き味」という風に感じられた。格好は良いが、味の深みが無い。大阪の通天閣で最初に入った店は「ふぐ料理」。てっちりを頼んだら、他に客も居ないのに3分で出てきた。他も頼もうかと思ったが、セットメニューだらけで、凝ったメニューなし、ああと思い他の店へ、しかし通天閣の店の90%は「串揚げ」だらけで、何処もダラダラして何の特徴もなく、どこでも使っている串揚げ容器に「ソースの2回つけ禁止」と缶に入っているソース入れで、売ってる酒も何処も同じ、まるでフィリピンのレストラン街。仕方ないから😁大阪王将に入った。餃子とレバニラ炒め。これがここでは一番美味しかった。天王寺で女性客が多い洒落た店に入り、白ワインを頼で、店員の若い女の子に「これ何処のワイン」と聞いたら、「わからない」?? 頼んだらスーベニオンの結構いけるワインなので、おつまみに写真の2点を頼んだが、これ3口食べて残して突っ返した。マグロのマリネだが、お前こんなに濃く「ゴマ油」入れるな。入れるどころか「ゴマ油」なぜ使った?カッペ。他の物も素人ダレ。しかしワインは美味かったので2ハイ飲んで次の紹興酒が飲める中華に入り、紹興酒と淡々麺を頼んだが、どちらも満足が行かなかった。

大阪は素人料理人とそれでも受け入れる客。としか今回に関しては評価出来なかった。やはり「食」で考えると京都は素晴らしい。先斗町にある前にも行った店で、「カンパチの刺し身」「独特に焼いた鶏料理」と美味い。酒も種類も多く楽しめた。その後祇園に移り、外国人も多い炉端焼きの店に行き、満喫。その後、祇園で評判と言う「魚介スープのラーメン」を食べホテルには千鳥足で帰った。大阪で無念の紹興酒、京都で入ったお店は、15年ものの亀だし紹興酒、そこに水餃子を頼んだが、これが素晴らしく美味しかった。やっぱり京都、満足度が違う。次回は京都直行で行こう。😁

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000