マニラの巨大な中国村に行ってきた。

ここには中国飲食店しか無い。それも殆どが大陸からの直接投資。現在30店舗位だが、全て大型店でまだ倍の60軒になるスペースがあり、工事も行われているSEASCAPE。SOFITELホテルの隣の敷地でマニラ湾沿いにある。ご存知のようにSOFITELは昔はフィリピン・プラザホテルでイメルダ・マルコスのホテルと呼ばれ、青木建設が管理していた。そしてこの隣の土地は、ホテルの駐車場として使われていたので、SOFITELでは大宴会場が繁盛していたが、その土地が無くなり、今は大宴会では駐車場が足らなくなった。

しかしこの巨大な投資。「リトル東京」なんて、全部でも、ここの大型店舗1店にもならない。入り口を入ると巨大な水槽がある店が並ぶ。これは、近くのマカパガル通りにある、SEA SIDEの真似で、市場で魚介類を買って、周りにあるレストランに持ち込み、注文で料理をしてもらう形で、レストランが50軒近く軒を並べるが、ここはそうした形と、結構高級レストランもある。とは言っても安い。1皿で平均P500(1000円)で高いかなと思うのだが、量が8~10名でも食べられる。故に8名で来て3品頼めば3000円だが、8名で割れば一人400円で食べられる。故にお客が多くてびっくりした。それに中国から料理人が来ているのだろう「美味しい」。

今回はここでロータリー地区の「OKTOBERFEST」なんでドイツのビール祭りが、中華料理なんだ。😂 それとガバナーの誕生日会も兼ねて多くのメンバーが集った。うちのクラブもホスト・クラブなので、私も行ってきた。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000