Wang "William" Liqiang SPY who come from CHINA.

発表では4日前オーストラリア情報局ASIOに亡命を求めてきた中国人スパイのWang "William" Liqiang、彼の活動範囲は香港、台湾、オーストラリアで主な任務はプロパガンダで香港では民主派に紛れ込み情報収集。台湾やオーストラリアではマスコミ誘導その他が任務だったようで、オーストラリア情報局ASIOに実名で裏側を暴露したようだ。中国政府は早速彼は狂人の指名手配者であると発表、しかし指名手配人であるならば、なぜ何度も香港に入れたのかと疑問が持てる。彼は中国のパスポートと韓国のパスポートを所持、韓国パスポートは偽造となっているが、そんなに簡単に出来る韓国パスポートという疑問が起きる。

また、亡命と言いながらオーストラリア情報局ASIOの内部を探る2重スパイなのかもしれない。オーストラリア政府は今まで以上の中国に対する警戒感を増している。

スパイ天国と言われる日本。日本の更なる法制改革はこの分野では必要である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000