待つこと25年、これでうちの施設に電車で行ける。

うちのカブヤオのビレッジの塀の裏はPNR(フィリピン国鉄)の線路が走っている。元々首都高架高架鉄道も住友が手掛け、この路線も20年前に日本主導で改革が行われる予定であったが、賄賂に弱いフィリピン政府職員と賄賂に強い韓国・中国に依って主導権を奪われ、しかし賄賂が大きく成り、資金不足で実質何も起こらなかった20年で、電車のメンテも出来ず、電車が高架橋から落ちる事故や50%以上の列車が動かない事態までに成った。列車はフィリピン科学技術省が頭だが、その他ではフィリピン陸運局が車のナンバープレートの発注をアメリカ3Mから中国企業に変えたが、これも同じで、私の車もそうだが、買って1年半が経ってもナンバープレートが来ない。(笑)

うちの裏を通る列車はマニラからラグーナ州ロスバニオスを結ぶ線だが、今回日本が主導で新たな車両も導入された。最も35年前の列車のお古だが。。今また日本が作っているマニラークラークを結ぶ鉄道路線が出来れば、今の南高速道路と北高速道路を直結する工事が進んでいるのと同時に鉄道も南と北が結ばれる事になる。

うちの裏に駅誘致も考えられる。25年前と同じ。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000