JR北海道の苦悩 北海道新幹線の赤字膨らみ JR東海が支援。

日本の過疎化が進む中、全国網を持つ鉄道ビジネスも場所に依っては、赤字が深刻化し、民営化や廃線という選択も多く成ってきている。それに対して、使い終わった車両が、中古としてアジア諸国で多く使われ始めている。ただ北海道新幹線は青函トンネルを利用する事もあり、名古屋・京都・大阪と違い東京から飛行機よりも便利であるという時間・価格からのメリットとは違い、函館も札幌も時間・価格で劣る状態で、駅から駅を利用する乗客数も少ないという現状ではJR北海道の新幹線は、例え札幌まで完全に開通しても「赤字」になると考えられている。鉄道は時間・価格・乗客数によって、運営の必要性が決まるが、日本でさえ運営が難しい場所が多く成ってきている。

フィリピンでも地下鉄の工事が始まったが、高い地下鉄よりも、モノレールが良いと言うのが私の意見だ。 高い地下鉄で、賃金が200円に成った場合、1日1000円しか得られない殆どの庶民が使えるのか、往復で400円を1000円の収入で使えるのか?という事だが。インドネシアやマレーシアでの新幹線もそうで、日本では1万円を片道に使えるが、そうした国ではどうなのか? 中国でも一般庶民は中国新幹線に乗らず、時間が掛かっても急行列車に乗っている。故に中国の新幹線の赤字は天文学的数字に成っている。

鉄道立国の日本は鉄道に対する熱意が多すぎて、現実を冷静に見ることが出来ないのではないのではないか。マニラは地下鉄網では無く、それだけの資金を建設の安いモノレールにして地下鉄なら10kmの予算を50kmのモノレールにつかう事が大事かと私は思っている。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000