緊急速報フィリピン最大のABS-CBN放送局が放送シャットダウン。倒産か?

フィリピン証券取引所(PSE)は6日、民放最大手ABS―CBN株の売買を停止したと発表した。当局が放送停止を命じたためで、同社に説明を求めている。 同日午前9時から同銘柄の売買を停止した。

詳細は不明だが、私が推測するには、民放最大手ABS―CBNはタガログ語放送で、最大ではあるが物を買えない大衆相手の放送局で視聴率は良いが、スポンサー側からすれば、宣伝効果が少なく、今までもシャンプーを1本から買えない大衆で、サッシェというシャンプーなどを小さく小分けしてして販売する プロクターギャンブル、ユニリーバ、ネスレイなどがメインのスポンサーだったが、他のスポンサーはYOUTUBUやWEB広告に移っていった。故に支払い不能デフォルトに陥ったと考えるのが、妥当だと推測する。

しかし、あるレポートを見ると、フィリピン武漢肺炎倒産は避けられない企業が増加している。中東に於ける50万人のフィリピン人失業問題、送金で利益を得ていた業者、その他の倒産を含め、300万人規模の失業が第一波で発生すると考えられる。フィリピンのBPOも世界的な新規事業の中止から、仕事のキャンセルが続き、日本人を含む従業員の解雇が進んでいる。どうなるものか?

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000