私の考える移動できる住まいの自動開閉する窓ガラスとは

これは私の考える未来の住まい。買っても500万円以下、即高値で転売可能(流動性)。テレワークや全ての考えられる殆どの設備が内蔵され、転職があっても住まい毎、移動が出来る。固定資産という概念では無く、住まいは不動産の上に建つという概念も無い。自家発電も可能だが、当面は電力、給水、下水に繋げるが、これも時代と共に自己完結型に成長させる。

これは私が以前に経験した事だが、室内の空気の放射が激しい部分は窓である。冬の寒い日に室内の温められた空気は何処から逃げて、室内温度を下げて、暖房効率を著しく落とすのか、いわば省エネから考えても、窓がその原因である。何故私は自走できるキャンピングカーを考えなかったかは、この問題で運転席の大きな窓と大きなキャンピングカーでそこら辺に買いものには行けないし、それに自走するエンジンが価格を押し上げる事に成る。私も昔、シャワー付きのアメリカン・ホームのキャンピングカーを持っていたが、冬は寒い、夏は暑い車内に悩まされた。それにキャンピングカーはあくまで、一時の住まいで、住まいが他にある事が前提だが、私の発想はこの移動できる自分の住まいはそれだけで機能する。

そこでこの真空断熱ガラスだが、このガラスはただの断熱ガラスでは無く、ボタン一つで曇りガラスに成り、カーテンその他のものが必要が無い、と同時にスクリーンにもなる。

即ち、窓で有り、断熱であり、カーテンで有り、そしてスクリーンである事に興味を持っている。今後のコンピューチングの映像はダブル・スクリーンで有るのは当たり前、トリプルも当たり前である。すべての窓がスクリーンになれば、面白い。

以前の投稿

冷凍、冷蔵、保温、一般の自動宅配ボックスの完備 https://www.munetomo.club/posts/8163666

室内ゴミ箱と分別ごみ自動回収システム 

https://www.munetomo.club/posts/8231737

自動水平を保つ仕組み

https://www.munetomo.club/posts/8243075

内装について

https://www.munetomo.club/posts/8248978

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000