これ必見!「大は小を兼ねる」?この論理は日本では遣ってはいけない。。

大は小を兼ねるとは、大きいものはそれ自体の役割の他に、小さいものの代わりとしての役目も果たすが、小さいもは大きいものの代わりにはならない。小さいものより大きいもののほうが、幅広く役に立つということ。

これは中国の『春秋繁露』に「夫已有大者、又兼小者、天下能是之、況人乎」「大人(賢者)は小人(愚者)の振る舞いもすることができる。 だから、天下で役に立つことができるのは賢者だけだ」に基づく。『春秋繁露』は1中国,漢代に著作された政治,道徳などに関する論文集。 (179-104 BCE)から来るものとされている。

まあ中国共産党のの思想である。中国共産党は「賢者」の集まり、「愚者」を自由に操れる。殺すことも出来る。に繋がるが、この論理は現在では通用しないと思っているのが、民主主義である。「愚者」主導と成る。よく言えば「愚者」が「賢者」を選ぶことが出来る仕組みが民主主義である、「小」が「大」を兼ねる。という意味に成る。

私の2100年の日本を考えた場合の論理もここにあると考えている。「小」即ち庶民の所得を上げる事、何時も言っている時給1780円で、余裕の貯金2000万円を達成する2030年目標。「小」の質を上げれば、「大」の質も向上する。

私がフィリピンで学んだことは、フィリピンは「大は小を兼ねる」を実践している国であり、故に発展は望めない。フィリピン政治は「賢者」の集まり、「愚者」を自由に操れる。殺すことも出来る。愚者の質を低めれば、自分たちは更に支配できて、何時までも「賢者」でいられる。しかし、「小」の質を下げれば、「大」の質も下がる。日本はこれをしては成らない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000