何、テレ朝が一般テレビ局を降りるの。良いんじゃない、結局潰れる運命だから。

テレ朝が一般テレビ局を降りるようだ。テレ朝ホールヂングの株主でもあるアメリカファンドが提案。テレ朝の株価も最安値。朝日新聞の低迷もあって、フィリピンのABS-CBSの放送停止と同様、全てスポンサーのご威光となる。そのスポンサーを探してくる電通も赤字転落。基本的に予想された事態だが、意外と早くに遣って来た。そこにタレントを送り込んでいた吉本興業やジャニーズ事務所も今後の低迷と大方針転換が来たようだ。

しかし、テレ朝HD傘下のテレビ朝日は16年4月にサイバーエージェントなどと共同で開局したインターネットテレビ局「Abema(アベマ)」事業に36.8%出資。広告収入やプレミアム会員への課金などで収益化を目指している。55.2%を出資するサイバーエージェントの決算資料によると、アベマを柱とするメディア事業の20年1-3月期の営業損失は42億円と、開局以来赤字が続いている。いったん巨大に成った組織は、恐竜と一緒で死滅せざるを得ないだろう。それを遅らせると社会が崩れる。NHKも同じ。

私が遣ろうとしている 俺の放送局。月1億円程度のコストで1日観続けても楽しい番組を作りたい。広告収入目標は月2億円。これは当初立ち上げの時で、最終的には200憶程度にはしたい。しかし、それ以上にはしたくない。

1億円の製作費 1年365日で割ると、1日27万円 1日17時間放送で1時間1万6千円。と言う事に成る。これで皆が1日観てても飽きない放送局を作る。ホリエモンのロケットより現実性はあると思うがね。安く作る。これがビジネスが発展する要因だと思う。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000