私の投稿は自分が考えた事、論理で解釈した事を書いている。フィリピンの事(日常)だけ書いていたら愚痴にしか成らない。(笑)

これもフィリピンに来て、痛い目に合ったからこその考え方に成ったのだと思う。だから、そうした考え方に成らないで、「フィリピン人の気持ち」なんて言って、自分を誤魔化している人には、私の投稿は解らないかもしれない。

フィリピン人が「大丈夫」と言ったとしよう。何割の確率で「大丈夫か」? 35年前40%、20年前30%、今10%。結局この「大丈夫」の裏を取る必要性があるが、本人に聞いて言って居る事が確かか、そのプロセスを順番に行ってみろ?と聞かないといけないし、それには言葉が要る。35年前はフィリピン人の90%は英語を良く理解していた。今は70%以上が英語は出来ない。残りの30%の中でも、英語をちゃんと読んで理解する人は2%、しかしその2%の人でも、フィリピンの血がどうしても物事を歪曲する。これが前提だが、フィリピンに住む日本人の中には「ああ、こいつに任せたから大丈夫」と言う人をよく見かけるが、では「貴方はその大丈夫のプロセスが如何行われるのか知っているのか」「いや知らないよ、あいつが大丈夫と言ってるから。。」この段階で私はこの人との付き合いは距離を置こうと思う。まず言える事は、なんでも自分で遣ってみる。そうすれば何が問題か見えてくる。だからその作業を人にも頼める。その勉強無くしてフィリピン人を顎で使うとは100年早い(笑)。故にだれかフィリピン女性を見つけて、ネンゴロに成って、そいつに自分の代役をさせる。ここからして間違いなのだが、それ以外に方法が無い。悲しい日本人の現実だ。俺の人生面倒見てくれるか?「大丈夫!」の返事の確率は今や10%だ。「大丈夫!」私があんたのお金全部取って、取り終えたら若い男と逃げるさ。。。

まあ人生様々だが、そこにある論理を理解して、自分で考えて、実行に移すには、自分で遣った経験やそれを元にした知識の探求が必要となる。ではその知識探求や論理はフィリピンに存在するのか? 70%が英語が出来ない、28%が英語が出来ても読解力が無い この人達に求める事自体が間違っている。

このウイルスにしても同様、日本でも最近の感染は若い世代、そして接待風俗、即ち知識探求や論理はそこには無い。偶に日本で女子大生クラブ等に誘われて行くが、話に成らない無知さに驚かされる。しかし、それに群がる客も同じと言う事に成る。フィリピ―ナとそうした日本女性やホスト遣る人を比較するわけでは無いが、日本人ならアメリカが何処にあるかは知っているが、フィリピ―ナで2%は除くが、アメリカが何処にあるかも知らない。

愚痴っても仕方ないが、35年前は努力しようと言う気に成ったが、今は努力=「女」の「又」に「力」も考えられない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000