アメリカも開発していたので、中国ファーウエイその他の本当の恐怖を解っていた。

前にも言ったが、アメリカ政府はファーウェイなど中国企業5社の製品を使う企業との取引を「国防権限法」に基づいて来月13日から中国企業5社の製品を使っている企業はアメリカ政府との取引が禁止される。排除の対象になるのは通信機器大手「ファーウェイ」や「ZTE」、監視カメラメーカー「ハイクビジョン」や「ダーファテクノロジー」、無線通信「ハイテラ」だが、ファーウェイの5G+携帯電話、監視カメラ、無線と成るが、これらで何が出来るのか? 個人情報と言うが何処までの個人情報なのか? 

私が好きでいつも見ている米テレビドラマ 「ブラックリスト」、これはソニーがスポンサーに成っているフィルムだが、ソニーのコロンビア映画は「007」をユニバーサル映画にコスト高もあり譲ったが、「007」もこの「ブラックリスト」も日本人では考えられない脚本でありカメラワークで有ると思っている。「ブラックリスト」では既にこの問題を放送している。アメリカ国防省があるコンピュータ・ウイルスを開発していた。このウイルスは全ての携帯や監視カメラに侵入し、作動させて個人の映像を見られる。GPSとの連携でその近辺の監視カメラと連動するAIシステムを利用したウイルスだが、これを盗み取った企業が、これを個人別、グループ別にして小分けして、第三者に販売をして儲けていたのを、FBIが取り押さえると言うストーリーで有った。これは2年前のストーリーだが、この時点で既に問題化されていたのだ。

5G+携帯電話、監視カメラ、無線、皆さんもそうだろうが、端末に関しては1家に何台かある。PCに取りけてあるカメラやPad、携帯等にはカメラが付いている。これで全部見られて、会話も聞かれる。誰から連絡があったか、その内容までもが個人別に収集されたらどうするのか? ガラゲイを使ってもそこには無線がある。

盗撮によってプライバシーと言う言葉は無く成った。便利になると困った反面もある。今後は携帯に、使わない時にはカメラ、音声、GPSが切れる装置が必要になるのか(笑)

気に成るのは、フィリピンのSONA(大統領年次スピーチ)で携帯2社を名指しで、通信インフラの整備に関して今年12月までに報告書を出せと命じた事だ。よっぽど中国共産党に脅されているのだろう。グローブはすぐ返事をしたそうだが、もしグローブがファウウェイを使用した場合、シンガポールテレコムとの提携解除、グローブのSIMは日本を含め世界中で使えなくなる。もしかしたらSIM製造大手のフィンランドからSIMの供給もストップされる。そしてアメリカが経済制裁、フィリピンは東南アジアのベネゼイラとなり、誰も近寄らない国と成り、そして内戦と成るであろう。下手するとインドネシアも同じ。日本人は住めなくなる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000