昔遣った馬鹿なフランチャイズ、今なら又遣れるかも(笑)

何しろフィリピンには場所は沢山ある。フィリピンのちょっとしたお金持ちが出来る事は、場所を「買い」、その場所に建物を「建て」、そして「貸す」事がメインビジネス。しかしその箱を運営する力は無い。だから沢山のこうしたスペースは無尽蔵にある。しかしテナントが取れず、空いたら何をするか、自分では考えられない。仕方なくレストランやカフェなどを運営するが、そこでフィリピンの「俺は出来る」という思いあがった料理人を雇う事に成るが、こいつは原価計算すら出来ない阿保。どうしても売り上げは上がらず、ただ赤字垂れ流し状態になる。しかし、自分では何も出来ない。

そこで既に料理されたものを、マイクロウェーブでチンするだけのプロの味の冷凍パッケージを作成、そこにいる女の子の教育も含めて、上代は此方が決めて、50%で卸すが、数が多く成れば45%まで下げるフランチャイズを遣ったことがある。ある程度、店を増やしたが、ここで勉強した事は、配送であるし、家主の雇う人の質から売上が伸びない、配送費用が高くつき、結局2年で撤退した経緯がある。その時の経験から、例えばBGC、マカチィとエリア限定で注文取らないといけない事を学んだ。損をしても、それが学費なら仕方ない。

先日同じようにラーメンのデリバリー配送を始めた日本人がいたので、試しに注文してみたが、伝票には配送料無料と成っていたが、結局、来た人間が配送料は別途ですと言い「頭に来たが」商品を受け取ったが、中身はバラバラで、その説明書も無い。私もこうした事を遣っていたので、賞味期限もあるがその表示も無い。味もちょっと低俗すぎるので、結局、ゴ箱に捨てたが、今のフィリピンに来る若い日本人何考えているのか? もっと考えろよ言いたい。考えて考えても上手く行かないフィリピン。そんなんではお金をドブに捨てるようだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000