対中国、商標登録の必要性

前にも言ったが、何か日本であって、それをフィリピンで始めるなら、商標登録は必ず取る事。宣伝ではないが、うちでも登録は遣っています。

良く伊勢丹三越ホールディングがマニラに進出と言うが、商標は既に取られて過去に実績を持っているので、買収には凄いお金が必要。今は潰れたが、本当のハードロックカフェがマニラ進出時に、既にマラテにはハードロックカフェがあり、買収にはかなり時間とお金がかかった。

SECやDTI登録で会社登記に、その名前を使っていても、商標登録には勝てない。

日本のソゴーは潰れたので用なしになり、今まで家電製品販売からラブホテル・チェーンに変身。馬鹿にされている。ダイソーを真似た日本城はCOOL JAPANを堂々と使っているので、先日内から改正警告書を送ったが、無視されている。(笑)

遣りかたにもよるが、3~5万円程度で出来る商標登録はぜひ必要なフィリピン商売の生きる道で必要なものと思ってください。


Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

3コメント

  • 1000 / 1000

  • Atsukuni Munetomo

    2018.02.22 01:15

    ここでは地図図画その他が送れ無いので、FB atsukuni munetomo か thinkconsultation@gmail.comへお送り下さい。
  • Atsukuni Munetomo

    2018.02.22 00:49

    重田先生 お元気ですか。はい何時でもご連絡頂ければお会いします。
  • Uchida

    2018.02.21 15:16

    内田と申します。 ブレイン株式会社の重田社長からの紹介を頂き投稿いたしました。実は既に開発を終えた画期的な健康装置(医療認定を取っていないため、医療機器を名乗っていません)をフィリピンへ紹介を進めていたところ、パートナーからの要求が日に日に拡大し混乱が生じてしまいました。 このシステムは、最新の量子技術を応用した、世界で最も進んだ治療装置の一つです。難治性の病理源を短時間に解消する為に開発したものです。この装置をアジアの治療現場で役立たせたく、先ずはフィリピンからアプローチを開始したばかりです。もし、少しでも本システムに興味がありましたら、次回訪問の際にご紹介させて頂きたくお願い申し上げる次第です。 突然の連絡で大変恐縮ではありますが、ご検討いただければ幸いと存じます。