ローズプリンセスホームアカデミーの始動

1996年にフィリピン初の医療介護付き施設としてオープン。2005年、フィリピンの物価高や医療高を前提に、日本からの高齢者誘致が将来の問題を引き起こし難しいと判断し、募集活動を停止して11年。昨年から高齢者の方が殆ど居られなく成ったので、2017年から学生寮に改築を進めて、今2018年、漸くローズプリンセスホームアカデミーとして始動させた。

基本的には語学学校をおやりになる方々への場所貸しである。学校を遣るにおいて、自分で施設を持つと固定費がかさみ、生徒数の乾季に於けるコストも増加する。その点この施設を使えば生徒が増加すれば増加が出来て、無く成れば借りなければ良いという仕組みで、食事も全て付いているので、そうした心配もないので、コストを掛けずに授業に専念できる。生徒一人にかかる宿泊及び全食の1カ月間の費用はたった約14000円となり、安い別料金だが教室も先生の宿泊施設もあるので、ホテルを予約するように学校が出来る仕組みを作った。今徐々に生徒数が増えている。現状では生徒240名が最大収容人数だが、敷地はまだ有るので増築すれば600名までは収容可能である。

フィリピン初の学生寮付きアカデミー施設となった。日本では廃校に成った学校を介護施設に変える例はあるが、マニラではその逆になった。人件費の安い国で皮肉な結果となった訳だ。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000