マニラの豆腐。マニラの自炊。

昨日、ロビンソンスーパーで買った豆腐が腐っていたというFB投稿がありました。興味深く皆様のコメントを見させていただきました。20年前私もマニラで豆腐や大豆オイルを売っていた事もあり、豆腐は面白い栄養食品です。豆腐は、大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤(にがり、その他)によって固めた加工食品です。この大豆の原産地はフィリピンです。故にタホという軟らかい豆腐を街角で売っています。故にフィリピンにも多くの豆腐メーカーがあり、2社メーカーが日本の製法で「きぬ」「もめん」を作っています。ロビンソンスーパーで買われた豆腐はこの「きぬ」「もめん」の中間にあたりソフト豆腐に分類されるもので、製法が少し簡単なので、キチットしたメーカーでは無くても作れるので、私は買いません。1993年森永はすでにもっていたブリックパックの技術を生かして10ヶ月の常温保存を可能にした「きぬ」「もめん」豆腐を作りました。しかし当時街角に多くあるお豆腐屋さんの保護運動が始まり、日本国内での販売が禁止されました。故にそれから5年、豆腐の存在を知らないアメリカ等で苦労の販売が始まりましたが、いまではアメリカにもこの豆腐工場があります。私はこお森永豆腐が好きです。フィリピンで日本風にいくら作っている豆腐ですが、原材料の問題で、日本で食べる豆腐なような、食感や風味が無いように思えます。

私の自炊は原材料に拘りを持つことです。フィリピンで一般的に飼育される鶏肉、豚肉は食べません。鶏肉、豚肉は全て輸入品です。フィリピンでの飼育過程からとさつ場に至る現状を見ているので、何故不味いか、何故匂いがきついのかが解ります。故に食べない。

今野菜はタガイタイにイスラエルの技術で作られるビニールハウス栽培に興味を持っています。フィリピンにはカネコ種苗が35年前から進出しているので、日本F1種は全て手に入ります。15年前はうちの畑でも収穫していましたが、ネズミその他の天敵が多く、その後辞めてしまった経緯。しかし再挑戦したいと考えています。

このにぎり寿司ははっちんで買った物です。はっちんでもフィリピン人が作ったものと、知っている日本人が作ったものがあり、これは甘エビやその他輸入品で作られたもので、めったにお目にかからないのですが、故に買って食卓に。。。拘りの自炊。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000