フィリピンでリスクを負わない人生とは

「夜のマニラ」と検索すると99.9%は「女」絡みのお店やビデオ、斡旋サイトしか無い。「夜の東京」と検索すれば観光や美味しい店が99.9%でヂィープな事を調べるなら「夜の東京」では検索できない😂 「夜のマニラ」それ以外に美味しいお店等一般観光の情報は無い。薔薇、薔薇、薔薇、賭博しか無い。日本語サイトだから、即ちマニラの夜は、多くの日本人が「他に面白いもの無し」という結論に達ている事になる。観光もない。さしずめ美味しい店もない。とWEB検索という観点では自ら結論をつけている。

では「夜のバンコック」と検索すると60%は観光や食事スポットがあるから。「夜のマニラ」は異常に賭博風俗しか無いことになる。マニラでJTBさんのバスを見かけるが、日本人観光客ではなく地元修学旅行等を乗せているケースが多い。即ちまともにマニラ観光をする人は少ないという事を示している。

残念ながらマニラは女と博打以外の観光産業が無いのである。悲しい現実。

私の長年の接待という夜の経験から次の行為はリスクが更に高い。何百というお客さんを連れて歩いた結論でもある。

1)オカマと付き合う。貧乏人の子沢山。6人兄弟ではどうしてか分からないが、確率で6人中1人りはオカマである。一見オカマは物事が判断出来るように思えるが、お金への執着が大きく、オカマだけは避けたほうが良い。何度お客さんがオカマに嵌まると、いつも警察沙汰に成ったことか多い。。。

2)カラオケや風俗の女の子は、99.99%貧乏人の子沢山の家に生まれで。なにかの理由がなければ6人兄弟前後で、その本人がいくら可愛くて気立てが良くても、長く一緒に生活することはハイリスクで、日本人側の生活を陥れる結果が90%以上と考えられる。

既に日本でもフィリピーナと結婚して、たとえ日本に住んでいても、多くの家族への仕送りで、自分の生活が貧窮している方も多いようだが、学問も知恵もない兄弟。食事も良くない両親。このBGCでも建設作業員や清掃員達は歩行者の信号が赤でも渡ってくる。信号を理解していない。そんな奴がバイクや自転車に乗れば、どうなるか?事故、怪我、病院の支払い、相手への保障、自損部分の自己負担。月1万円も稼げない奴が、一気に30万円以上の負債を背負う。こんなことが日常、何の反省もなく起きる。そのリスクが兄弟6倍+両親。その馬鹿なリスクを背負った家族の一人娘と一緒になった場合、それをお金がある彼氏が背負うことになるのである。お金は高いところから下に流れる。その上、6人+両親は、普段からお金が足りない。

ここに手を付ける事は、人生のリスクが解らない人と思われても仕方が無いと言える。

こうした状況に陥る人は、100%英語が出来ない。今やフィリピン70%は英語が出来ない。出来なければ自動的に貧乏になる。故にこうした彼女たちは、どうにか日本語を話そうとする。ここが英語ができない日本人との接点なのであろう。しかしちゃんと英語が出来て、仕事についている人は、日本語には興味がなく、むしろ英語も出来ない日本人をかまうはずがない。日本人が英語ができるのなら、本来このレベルの女性と付き合えば、上記のリスクは解消される。

何しろ、この5年で輸出が40%減少し、すべての自給率が40%以下で、故に240%輸入が増えるフィリピン、。今や海外送金も減少傾向、中国からの直接投資対象のビルも、コールセンターはAIによって5年で消滅するが、フィリピンにその代替案どころか、それを真剣に考える力もない。30年前、一旦貧乏人が減ったフィリピン。しかし4000万人も人口が増えた2世代、3世代は、新たな大きな貧困を作り上げている。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000