マニラ男の手料理・今フィリピン夏休み(4月・5月)の真夏を食べる。

ちょっと話題は変わりますが、マニラToyo Eatery レストランに先日、有り難くもご招待を頂き行ってきました。その方もSNSの評判ではじめてだとの事、感謝致します。しかしアジアで美味しい店50に選ばれたかのように書かれているこの店。どっかの政治屋のボンボン息子などが作ったのだろうが、店の作りはニューヨーク的でおしゃれ、孫にも衣装の洒落たウエイター。値段もコースでお一人3000ペソと高いが、ご招待して頂いた方も呆れていたが、出てくるものはお粗末極まりない。ウエイターも喋れば化けの皮がすぐ剥がれる。今回の私の料理の左上にある雑穀ライスに卵焼きが乗っているが、これが単に半熟卵が中に入ったものも3つの単品コースの中でこのマニラToyo Eateryでも出てきた。馬鹿か3000ペソのコース、一品が1000ペソがこれか? 後はサバを使ったマリネ。これがサバの臭みがひどく、腐ってるのかと思い、一口でやめた。後は日本なら500円でも食べられるちっちゃなステーキ。今の世の中SNSで配信された情報が上手なら、このように上流の人が来るという事だが、まあ一度来たらもう来ないから、一年は持たないだろう。まあこうした金持ちボンボンの店にはよく行かされるが、1年以上持った店はない。💧

さて本題だが、今フィリピン夏休み(4月5月)の真夏を食べる。いや日本も猛暑が続いているようだが、マニラもこの二ヶ月が一番熱い。どうしても鍋焼きだがうどんだとか、おろし納豆そば、冷やし中華などが主流になる。今回はじめて作った春巻きは、中国からの皮なのでどうもしっくりしない。今度は日本からの皮を買おう。ペペロンチーニ、これもにんにくとチリでの暑さしのぎには良かった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000