ブルートゥース(Bluetooth)名前の所以を知っていますか?

Bluetoothは直訳すると「青い歯」を意味するが、よく考えると不思議なこの名称には由来がある。

Bluetoothは10世紀に即位していたデンマーク国王、ハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)の名前に由来している。ハーラル・ブロタン王はノルウェーとデンマークを交渉により異なる種族間を無血統合させた人物で、「Bluetooth(青歯王)」という異名を持つ。Bluetoothはブロタン(Blåtand)を英語に音訳したもの、つまり英語名。ハラルド・ゴルムスソンとも呼ばれる。ハーラル・ブロタンが青歯王と言われる所以は、神経が死んでいる歯があり、それが青黒い色をしていたため。

「異なる種族間の無血統合を実現させたブロタン王のように、多数存在する無線通信規格を統一したい」”という想いを込め、ブロタン王の名にちなんでBluetoothと名付けられた。

Bluetoothはエリクソン社の技術者がつけた名称で、エリクソン社がスウェーデンの企業であることも北欧の英雄を選んだ理由のひとつと考えられる。

しかし、私の多くの機器がこのブルートゥースによって繋がっているが、こうした背景が有るとは知らなかった。今勉強だと思ってこうした、今普通に使っている機器の由来を調べている。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000