緊急警戒が必要。赤化進む韓国、あの火病の大統領じゃあ何をするか分からない。

正常な大統領ならいわゆる経済戦争だが、前にも言ったが、正常な考え方でないこの人物、何をするか分からない。例えればヒットラーである。そしてヒットラー同様にゲシュタポを周りに置いてある。このペースでは日本は韓国経済に影響を及ぼす対策を取らざる得ない。その時にいくら韓国国民でも大統領への不信感から、大統領下ろしが始まるであろう。その時に北朝鮮との赤化合体をして、日本にミサイルを打ち込む危険性が大きく考えられるように成ってきた。既に北南国境は既に北朝鮮が管理していると言って過言ではなく、韓国は上空からの監視活動は一方的に中止している。早期にこうした状況を考慮したアメリカはアメリカン・スクールの閉鎖で、アメリカ人家族の本国への移動も進めている。また韓国軍内でも多分2個師団は、大統領派であると考えられる。GSOMIA破棄をちらつかせているが、日米からすれば、信頼できない韓国軍、政府に情報を共有したくないとの考えがあるが、日米から破棄すれば「これ見たことか」と相手は確実に赤化韓国に急舵をとると思うし、また自ら破棄をした場合でも、同様の動きの延長線上であると思われる。そうした事から、中国もあるが、アメリカは空母三隻体制を展開している。

基本的にはこの年末までに、国民による大統領と現政権を転覆できなかった場合、経済戦争では無く、実戦争になる可能性は非常に高い。戦後74年、日本の大きな試練が目前にやってきた。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000