ソフトバンク・グループの24兆円有利子借入金の全貌

孫正義ソフトバンクグループ会長、 2019年4-6月期決算発表(8月7日、会見全編)を見ると彼の考え方が良く分かる。ビジネスは大きくても小さくても基本は同じである。68歳の私の頃の投資は、やはり不動産が中心であった。それを私もフィリピンに持ち込んだのだが、まあフィリピンのビジネスセンスはこの19世紀、20世紀型のビジネス・モデルなので、未だに不動産は重要なポイントだが、私ですら、もう不動産は終わったと思っているのだから、孫会長などの頭の中では、もうすっかり不動産とは遊離している。昔国土開発(西武グループ)の堤さんが、多額の借金を不動産に変え、海外にも進出し、インやーコンチネンタルホテル・グループも買収したが、結果は既に今ある。孫会長がやっていることは、不動産の代わりに会社自身、それも上場会社を使っている。利益を出している会社を買ったのでは、会社の利益で投資部分を時間を掛けて返済するしか無いが、将来有望という会社を安く買って、しかし将来有望という会社には利益はなく、下手すれば運営資金も注ぎ込まなくてはならないリスクがあるが、成功して株の一部を売って、当座資金を回収して、資産性を高める事も出来るし、全額売却で大きな利益にすることも出来る。しかしコケれば、全てが紙くずとなる。商売なんでもそうだが、「買う勇気と決断、売る勇気と決断」であるが、買う勇気より売る勇気のほうが大きな損得の要因となり、生き延びる人は売る勇気がある人である。その点、孫会長は売る勇気がある人と考えられる。即ちビジネスをベースに考えれば、尊敬に値するビジネスマンである。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000