シャングリラ・ホテルで行われた友人の誕生会に感謝・しかし今スタートするマニラ刺し身プロジェクトは必要。

シャングリラ・ホテルで行われた友人の誕生会に感謝、約50名がご招待された盛大な63歳のお誕生会。心からおめでとうございます。カクテルはメインロビー2階の小オーケストラが演奏をする場所からスタートし、その前にある「稲菊」にてお食事を楽しんだ。私は昔香港に事務所が有った時には、アイランド・シャングリラの「稲菊」は接待で使っていたし、マカチィ・シャングリラが出来て頃は、ここ「稲菊」はよく使ったが、自分でレストランをやったり、マンダリン・オリエンタル・ホテルの日本食厨房をやったりで暫くご無沙汰で有った。雰囲気もよく素晴らしいのだが, 出てきた最初の刺し身で(写真)でガッカリ。やっぱりね。私が30年前に鮨割烹を最初にやった時に出した刺し身。ふぐの薄造りでは無くラプラプの薄造りや10種類以上の刺し身や貝類を出していたが、今のマニラは赤みのマグロ、イカ、ノールウェイ産のサーモンしか食べられない。それだけマニラの魚屋や魚介類扱い業者の能力低下、漁民の能力低下がこうした現実を作り上げ、価格だけは5倍以上に膨れ上がった嘆かわしい状態。刺し身の後もあの醜い創作寿司。これは食べたくない。この醜い状態は供給側だけでも無く、シャングリラの板前も、写真の様に刺し身の切り方も出来ない有様。が故にまともな寿司も作れないが、そのフィリピン人板前が、俺は板前だと雲の上にいる。我々は今この状況打破に、「マニラ刺し身プロジェクト」を立ち上げるようと企画を始めている。私が素晴らしい「カンパチの刺し身が食べられるまで。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000