隔離マニラの男の手料理。不動産下落で賃貸が落ちたら・・・

いや~6年間、自炊をすると慣れてくる。料理を作る事が苦にならない(笑)

フィリピンも不動産下落。4割の飲食・物販がいなくなる。日本も3割の飲食・物販がいなくなる。亡く成られた方には、きつい事だが、前にも言ったように、それにはこういう事態に成る前から、ビジネス自体に無理がどこかに有った、黄金パイを忘れた、多大な借金だったり、多大な投資、多大な原価率であったり。。。という無理をして売上だけを伸ばして来た人が、ビジネスそのものが持つ黄金パイに戻ることを気づかされたのが、今回の武漢肺炎。この事から日本もフィリピンも不動産下落で、家賃が下がる。日本は既に群馬、山梨その他に行けば、古い家なら50万円前後土地付きで買えるし、リフォームしても150万円前後。私も不動産の申し子だったが、流石にどう考えても、今後、不動産に価値は無い。即ちその上に家を建てることも価値が無い。建てたお金を損するだけ、それが逆に私が日本で始める仕事の原点なのだが、飯は食わねば生きていけない。

東京ではフィリピン同様の自炊はキツイし、コンビニメシではやって行けない。半分半分の生活だが、東京の拠点だが、50歳代のお姉さまで一人で飲食をされていて、今回の騒動で打撃を受けた方に、少し出資して、下心は無いが、私のメシ処、兼 拠点に出来ないか、、出資金はその後の私の飲食代で相殺すると考えている。だれかいないかな。 何か江戸時代の盗人宿の様だが。。。(笑) そんな夢想をしながら楽しく作っている。 

前にも言ったが、マニラBGCの家賃が2010年代家賃の商業600ペソ平米(今は1200ペソ)まで落ち、居住用賃貸が、350ペソ平米(今は600ペソ)まで落ちれば、弁護士パートナーの事務所と合わせて、朝昼は定食屋 朝90ペソ、昼180ペソ、そして夜は居酒屋で500ペソで充分飲み食いが出来る店を作りたい。平米500ペソなら十分に出来るし無理は無い、飲食も人件費と家賃さえ払えればOKだと気楽に出来るし、弁護士事務所の方は家賃・水道高熱がタダになる。しかし、当然の事ながら、無理をして、伸ばして来た貸し手側のデベロッパーや不動産ビジネスにの方々は、ここで死ぬことになる。背伸びして皆からは儲けていたと思われる人は、奈落の底を見ることになる。私の場合は寧ろ商売を縮小して来たこの10年が有ったが故に、その間は手持ち資金は苦しかったが、今は買い掛け、借財も無いことで気楽に6年間、男の手料理が出来たのだ。まあ調整期だった訳だが、この10年で逆に伸ばして一見成功しているように見えていた方は、世界中 皆苦しい時を迎える事に成る。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000