欧米人の日本移住計画進行中。フィリピンより賢いと思うが。。

写真は英語版の日本の空き家を地域的に紹介する番組。写真は佐渡島の空き家、旅館や食堂で住居にもなる。ご存知の様に欧米は一部の都市は別として、人口2万人位の場所が多いいので、佐渡は今4万人程度はいるので、彼らの頭の中でどの程度の商売が出来るか想像がつく。フィリピンのように地域に全く所得が無い場所とは違い、日本には田舎でも、それなりの所得がある。

そう言う場所で成功している欧米人も多く紹介されている事から、こうした英語での物件案内の番組が出来るのだろうが、日本は外国人でも土地は買える。まあ、しかし空き家に成る場所だから不動産に価値は無いが、しかし手続きで無料で手に入る。それに改装費のみで明日から商売が出来る。私が言っている「居ぬき」商売である。フィリピンのモールでは無いが、東京並みの家賃を払って、目の前を多く通過する人には金が無い処より、人通りが少なくても、そこを目当てで来てくれる客がいて、家賃は馬鹿安い固定資産税だけと成れば、どちらが得か直ぐに解る。高い家賃は貴方のお金を永久に吸い上げるし、撤退と成ってもまた金がかかる。欧米人の方が目の付け所の方がクールかな。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000