東京が金融ハブに王手!小池さんの早期の手腕か。

香港が金融センターとして機能を終えた今、金融第一位のニューヨーク、2位のロンドン、3位の香港、4位のシンガポール、5位の上海、6位の東京だが、3位の香港と5位の上海を取り込めるかどうか、世界中が触手を伸ばしていた。東京も2017年に香港デモが激化し始めた時に、TOKYOFINCITY構想を社団法人を作り研究をし始めていた。東京がもし、世界第三位の金融センタに成ると、今抱えている地方銀行問題や銀行の債務問題がパイが大きく成る事で解消し、日本の地方経済活性にも大きな役割を持つことになる。

2019年には小池都知事を中心に、既に担当者を送り込んでいた。しかしまさかのコロナ問題、香港国家安全法に依る米中対立と、香港の優位性である米国、英国からの特権はく奪で、既にどこかに移動しなくてはならない状態になった。そこで2択とすると、シンガポールか東京と成るが、東京の問題は法人税、税制改革が必要であるが、その一点の問題で、生活環境や物価ではシンガポールより有利な事は間違いない。

まだ水面下だが、安倍首相の判断に依る税制問題解消で東京が金融ハブ都市に王手と成る状況で有る。香港、上海が無く成るので、東京は4位には必然的になるが、シンガポールとの一騎打ちと成るが、東京に成ってほしい。なにしろ邦銀の国際与信残高はアメリカ、英国よりの高く世界一なのだから、1位ニューヨーク、2位ロンドン、3位東京に成ってほしい。

韓国ソウルはニューヨークタイムスだけを獲得して喜んでいるが、やっぱりニューヨークタイムスは左派系新聞だったのか(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000