フィリピン専門学校の再開許可で動き始めたうちの施設。

今、フィリピン専門学校が解禁したが、まだ制約は多く、厳しいが、50%の制限の生徒受け入れや様々な防疫規制がある。うちの場合、学生寮、食事付きなので、通学してくるリスクが少ないが、内部で感染者が出るとまずい事に成る。そこで万全な対策が必要となり、ハウスルールの見直しその他で少しは忙しい。ここ2日で約100名の学生が戻って来た。増築後で総勢400名に成るのは少し先に成るとは思うが、年末つまでには200名を期待している。

うちは学校そのものを遣っている訳では無く、そうした事業主に場所と食事を提供しているだけで、生徒には一人月額1万5千円以内で寝泊まりと食事を提供している。日本人先生にはエアコン温水付き快適なお部屋を、月額2万8千円(電気代込み)で貸して、日本食は1食250円で提供している。勿論、追加注文も出来る。プールやその他の設備もある。今回は日本からの先生はまだ入国ができないので、オンラインと地元先生が主に成る。その点うちは前から光ファイバー高速回線が入っているので、オンラインは簡単に出来る。

まあ6か月間耐えて来たが、まあ少し動き始めた。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000