昨日は通販のLAZADAの話。今日はAMAZONの話

フィリピンご存知の様に、役所の腐敗は恐ろしい物がある。企業の独占でも同じようなことが起こる。35年前マニラに着て、当時は携帯も何も無い時代だったので、電話が必要であったが、申し込みに行ったらば、繋げるのに10年は掛かると脅された。友人に聞いたら「そうだよ、金持って行った」と言われたが、最初は何の事か分からなかった。しかし、言われた通り1000ペソ、当時の千ペソは大きかった。まだ千ペソ札もなく、百ペソが通常では1番上のお札であったし、100ペソでタクシーに半日乗れた、この頃の1000ペソだった、目立たぬ様に渡したら、1週間で電話が付いた。今まで多くの違反切符や事故もあったが、免許を取られたことは一度もない。おわかりのように、全てその場で解決した。税務署もそう、突然1000万円の追徴課税を食らってビックリしたが、お金の威力は大きい。
私のように長く居ると、こうしたお金の感覚に麻痺しているのが怖い。違法であってもどこか許容する事に慣れている。
しかし、アメリカ企業はこうした事に屈せずに筋を通す事が多い。中国企業は最初から賄賂の話からスタートする。韓国企業も同じ穴の狢。
昨日言ったように、ただ安く作るだけで利用者の便利性を考えない中国製品を扱うLAZADAやSHOPEEはその製品から信頼が出来ない。まあしかし、買いたいものはあるので、今はAMAZONを使っているが、昨日も言ったように、配達料金が高くなる、フィリピンでの通関と配達はDHLが行っているので信頼は出来るが、しかしアメリカ企業の特徴として、袖の下は使わない。故に何が起きるかだが、税関で嫌がらせを受ける羽目になっている。商品は9月27日に通関にかかっているが、税間で時間が掛かると予想していたのだろう、配達日は10月7日になっていたが、10月8日の時点でまだ通関中である。フィリピンだけでは無く他の国も一緒だが、人に不便を掛ければ、自分の懐にお金が入ると言う精神は完璧に息づいている。DNAがそうなっているのだ。お客様の便利さ、早さで、お客様の満足を得るというDNAは無いのだ。日本に生まれて良かった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000