自らの掟を破ったツケが面倒な事になった(笑)

フィリピンで通販大手と言うと東南アジアに進出しているLAZADAとSHOPEEと言う2つでAMAZONはあまりメジャーでは無いし、商品在庫が国内に無いのでそのつど輸入となり、デリバリーコストが高いし、日数も掛かるので、一般的にLAZADAとSHOPEEをフィリピンの人は使っている。
しかし、LAZADAとSHOPEEは殆どが中国製品を扱っているので、すぐに壊れる、偽物ブランド品が多い為、スペックが偽りで、実際使ってみると性能が本物のレベルに達せず、不具合で出るなど、多くの経験をしているので、LAZADAとSHOPEEからは絶対に買わないと掟を自分にかせていた。しかしHInoコンロが壊れたが、電気屋に行っても在庫が無いと言う事で、仕方なく掟を破って注文した。
注文品は来たのだが、使い初めて3日で火花を出して、突然止まった。その上、ブレーカーまで落ちる状態。ただ鍋で水を沸かしていただけなのに、驚いた。やっぱり掟を破ったから、同じ眼に遭ったのは自分の責任と思っていたが、何となく腹の虫が治らずに、返品を申し出た。まあ結構時間と労力を無駄に使った。便利なはずの通販が、駐車場から離れたバカなモールへ行って買い物するより手間が掛かる。
返金といえば、ズーと前に、大阪、京都に遊びにいこうと買ってあったセブパシフィックの航空券。ビジネスの場合はANAかJALを使うのだが、遊びだから買ったこの航空券。勿論、ウイルスで欠航で返金を受ける事になったが、これが大変な想いをした。電話がつながらない、やっと繋がっても要領が悪い。理解して返金の話になって、笑ってしまった。何と5か月先の返金。払ったカードに返金とか振込ではなく、どうも小切手のようだ。またまた面倒な遣り方。まあこれがアジアの現状かと諦めるほか無い。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000