どうして、うちの施設は観光省なのか? ちょっと遅れたが11月から生徒が戻ってくる。

うちの施設は今は学生寮だが、ウイルス対策で認可が無いと始められない? なんか訳の分からないまま、DOT 観光省から認可を取り、ホテルの様な感じなんだろうが、施設側の開業を許され、11月から漸く生徒が入り始める。全くここの役所はバラバラだから他の役所で施設の証明書持ってこいと言われて、何でも良いからという事で取ったのだろう。まあいいけど、当面200名程度で、11月から増築工事を始めるので、最大収容数が400名には来年にはなるが、当面200名から250名体制で年末を迎える様だ。日本側もフィリピン人実習生の受入を部分的に再開するとの事で、まあ、日本人失業者が多い中で、心配された外国人の若い労働力も必要なようだ。中国生産の国内回帰と言えども、それには労働者が足りない事も十分にあり得る。当面は日本からの先生は来られずに、オンライン授業とする様だが、うちには光ファイバーが入っているが、オンライン授業となると、WiFi エリアを増やす必要があるので、今、その工事を行なっている。しかし、今回、生徒は普通は土日に実家に帰るのだが、今回は外出禁止となり、施設内で年末まで隔離されるようだ。この御時世仕方ないのである。私も久々に現場に行かないといけないようだ.先日車を点検に出したが、長い間余り使っていなかったので、バッテリーが弱っているとのことで、新しいバッテリーに変えたばかりなので、少し走らないといけない。既にこの車は2年半使っているが、その内8ヶ月は殆ど使っていないので、まだ1万キロにも成っていない。それにこの8ヶ月でガソリンは2回合計で4000円しか入れて無い。まあ早く元に戻ってくれないと、この学生寮も干上がってしまう。
再開する事は良い事だ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000