日本人のいさぎよさを好む体質を利用した日本の大手マスコミ。トランプ再選が決まったらどう責任を取るのか。

フジテレビさんよ。トランプ大統領は今声が小さい。何故か。炙り出し作戦。黙っていれば、負けを認めたと思い身内からの、反トランプを炙り出し、情報を漏らさ無い事への作戦だと思える。12月6日の段階で最終投票結果が出無い場合、最終的に州議会の決定へとなるだけで、まだバイデンが次期大統領に決まった訳では無い。票集計の違法性はあると思われるし、現在再投票確認が行われている。その間にメラニー夫人がトランプ大統領に敗北を認める事を促したとかの、デマを流したたり、大手メディアがバイデン次期大統領であると報じたり、しているが、こうした現在の大統領が行なっている行動は、アメリカ合衆国の憲法に記載された、正当な行動であり、権利である。その段階で次期大統領はバイデンだと言い切るのは滑稽である。大手マスコミさん、何の下心があるの。下心があるマスコミとは、人民を支配しようとする中国共産党 新聞なのか。今回ハッキリ正体を表したと言っても過言では無い。
日本にそんなマスコミが居たとは、事実を公平に報道でき無いマスコミ。恥ずかしい。お金で生きる事に一杯になったマスコミ。そう言う点から見ると、厳しい放送業界の中でも、首一つで繋がるフジテレビさんは、スポンサーからの圧力に屈したか(笑) しかし、スポンサーで生きるマスコミが、平等な主張が出来ない事が、白日に曝された今、マスコミ報道が如何にいい加減であるか、マスメディアの生きる公平性が失われた今、民衆の信頼を失った今、生き残りが更に厳しいものとなった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000