2019年、1トンの水から80万人都市が1年に消費する電力を供給

量子科学技術研究開発機構  那珂核融合研究所 超伝導トカマク装置 JT-60SA(JT-60Super Advanced)が世界初で2019年から核融合による発電の実験運転に入る。 核融合とは、水素のような軽い原子核どうしがくっついて(融合して)、ヘリウムなどのより重い原子核に変わることで、例えば下の図に示すように、水素の仲間(同位体)である重水素(D)と三重水素(T)の原子核が融合する DT 核融合反応では、ヘリウムと中性子ができ、核融合反応が起こると、非常に大きなエネルギーが発生する。これは、下図に示すように、融合反応が起きる前の重水素(D)と三重水素(T)の重さ(質量)より、融合反応が起こった後のヘリウムと中性子の重さの方が軽いので、その差の分だけの質量がエネルギーに変わるからです。これはアインシュタインのエネルギー E が質量 m と等価であるという原理(E=mc2)により、わずかな質量が非常に大きなエネルギーに変わる事です。

これでまた石油価格下落。フィリピン人中東出稼ぎ者の解雇は確実になって来た。当然これは将来は小型化されて来ると予想される。現在電気自動車だけでは無く、電気飛行機の開発も進み、ドイツのリリウムジェット飛行機は100%電気動力だが、まだまだこの分野での電動化は遅れるようだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000