枯れた男が語る。男女のラプソディー (曖昧さ回避)

雄牛は生涯で2度と同じ雌牛と交尾しないそうだ。ライオンの雄は複数の雌を持ち、狩りをさせ、子供を育てさせる。しかしはぐれ一匹雄ライオンはこのピラミッドを襲い、自分がピラミッドの上に立つと、前の雄ライオンの子供を全て殺し、雌の生殖を高め、自分の子供を作る。

若い時は男も女も、下半身の指図が脳の指図を上回る事がしばしばあるが、私は随分その点は枯れたが、同年配でもまだご盛んな方はいる。その枯れた私が言うのだが、一回一緒になった夫婦が添い遂げるというのが理想ではあるし、それが出来るという事は男女ともに我慢に耐えられた証でもあり、素晴らしい事だと今更ながらに思う。でも出来ないんだよね。。。我慢が足りない。(笑)

男にとって女とは、女にとって男とは?まあ最近は男男、女女もあるので簡単には言い切れないが、男女関係から子供が出来る。子供が男女関係の間に入るにつれ、男の中に空き(隙間)が出きてくる。この空き(隙間)を感じた女にも空き(隙間)が出来る。難しい時である。やはりここには、お互いの理解。敬意。プラン。等がいるが話し合う必要がある。フィリピン人と結婚、言葉が互いに未熟の場合はどうするのであろうか。

男の浮気、女の浮気。しかし浮気と言え、相手が浮気と解って付き合う女や男がそこにはいる。その男と女が将来この相手と結婚したい。と思うのか? 後腐れが無いから丁度良いと思うのか? その境界線は難しい。(笑) 

フィリピンでは、いい歳の叔父さんが、まだ若い彼女を恋人にしたり、奥さんにするケースが多い。しかし日本人あまり英語を喋ったり、カッコ良く外人のように振る舞えないんで、教養があってお金持ちで美人と言う彼女を作る事は難しい。結局カワイィ子で、どちらかと言うと貧困層に近いレベルの子と言うのが一般的だ。しかし日本の貧困とは違い、金銭感覚の違いや衣食住の違いや、家族関係の違い等が、男の中に空き(隙間)が出きてくる。又彼女の方は若いのだから旦那が死ぬまで待ったら、、と思うが、この空き(隙間)を埋めるために、今まで使ったことが無いお金を異常に使ったりする彼女も現れる。

私自身は女との歳の差が余りあるのは好きではないのだが、32年で良く見る光景だが、歳の差がある男が歳を取り、寝たきりになり、買った家や年金などが彼女に遺族するとなると。今度は周りのフィリピン人男性が黙ってない。猛烈なアプローチで男が死ぬ頃には既にそのフィリピン男と出来ている。なんて良くある話だ。

60歳以上、以下のように100万人女性が居てもこの数字。しかしフィリピンのパブに行けば、98%まで数字が上がるが、しかしそれは歳では無く、$¥ペソが効いているという事です。(涙)

しかしフィリピンの女性は嫉妬深く。日本女性のように内に秘めてなどは全くない。これは姉妹の場合、姉はしっかりと家族を守るタイプが多いいが、妹はどちらかと言えばお人よしが多い、しかし、この嫉妬心に関しては姉も妹もない。強烈である。嫉妬されるから、貴方はまだ愛されてるの。と言うが、愛してたらこれは無いだろう。と言うくらいに激しい。(笑)

バラにはトゲがある。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000