窮地の事態を想定すべき海外ビジネス

私は歳だから、葉隠れとか兵法と言うものを自然に受け入れていた。しかし戦後教育では、戦争反対と言う、ただそれだけの概念から、こうした事が教育から消えて行ったが、しかし、日本国内に居るなら必要ないかも知れないが、海外の弱肉強食の世界では、こうした考えなしには勝ち抜けない。勿論、日本でも、日本に居ても外敵が攻めて来るので本来必要な知識である。

私のいた学習院初等科では、戦争を生き抜いた先生方が大勢いて、当時でもピンタは当たり前。ピンタをされたら親が来て、子供の事を考えて頂き、先生有難うございます。と言えてた時代。先輩でもある三島由紀夫氏の自害等で、葉隠れとか兵法と言うものをまだ自然に感じられた。

フィリピンを含めた海外では、基本的には誰も助けてくれない。信じるのは自分しかない。そうした時に、こうした教えは心強い。兵法三十六計を見てみると、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5%E6%B3%95%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E8%A8%88

例えばフィリピンに工場を持つと 華僑が遣ってくるのは:反間計 - スパイを利用し、敵内部を混乱させ、自らの望む行動を取らせる。とか 反客為主 - 一旦敵の配下に従属しておき、内から乗っ取りをかける。等を仕掛けて乗っ取りや企業秘密を盗む。

まあもっとも欧米や日本に対して国ぐるみで遣って居る事は:美人計 - 土地や金銀財宝ではなく、あえて美女を献上して敵の力を挫く。(笑)

しかし平和ボケ日本人は、こういう風には考えない。考えられない。異邦人である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000