50年前はパリに行くにはエールフランスはモスクワ経由だった。今回はロシアボルシチとウクライナボルシチを楽しんだ。

昔は良く楽しんだボルシチとピロシキだが、フィリピンと言う僻地にいると食材の関係で食べられないものが多い中の1つであるロシア料理。とは言えロシア人のルーツはキエフ王国にあるので、ボルシチはウクライナ風とロシア風が有る。基本的には変わらないと思うが、今回は両方を頼み、ピロシキも3種類を頼んだ。そして、ジャムを入れるロシア紅茶に、ロシアンスタンダードゴールドのウオッカ。全部で5000円だったが、安いものである。

0コメント

  • 1000 / 1000