私の最終ビジネスは都会農業だ。

私は東京育ちで、アメリカもオーストラリア、ヨーロッパの田舎もダメ。ネオンが無いと生きられない。

ビジネスの根源は衣食住エネルギーの4本柱によって構成されている。食は大きな要素である。しかしフィリピンの問題点は、生産の計画性も効率化も無い。物流の効率性もない。故に野菜は日本の何と3倍以上の高値でマニラでは取引されている。しかし価格に含まれる運送価格や渋滞問題での鮮度の劣化等で50%近いコストが付加された結果がその3倍にある。

これは7年来計算をしているのだが、では都心で農業を効率良くやったらどうだろうか?輸送コストや無駄が省ける。そう思って床面積3000平米以上のビルの1棟買を何度か試みている。

まあ今のマニラのバブル崩壊によって多くのビルが銀行に移り、その銀行が支えきれなくなる時を私は実は待っている。どの価格で買えば採算性が出るかも解っている。自分で買う必要もない。困っている銀行と組んでも良い。

住居ビルは面倒なので、事務所ビルが良い。AIでコールセンタービジネスが崩壊した後に、マニラでのビジネスビルを使う産業は無い。そのチャンスを待っている。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000