日本人の語学に対する能力を憂う

昨日来たお客様とは大喧嘩となった(笑) このお客様は日本語習得用のアプリ開発をされる方で、日本語を世界に広めようと大志をもった立派な方だが、最近の日本人IT開発者にありがちな世の中の見方の違いが喧嘩の元に成った。喧嘩と言ってもデイベートであるが、日本の若者、特にIT開発者は狭い領域で仕事を長くやっているので、収入はあるが、実戦はしらない。収入があるが故にプライドは高いが、遣っていることは請負であるので、中小下請け工場の頑固オヤジと一緒、その仕事には強いが、他の事はあまり知らない。故に請負の受注があるうちは良いが、途切れるとどうしたら良いか解らなくなる。そして日本語も、最近のマンガ時代もあり、立場の上下関係の言葉の使い分けも出来ない。

そこで外国人に日本語を教えるポイントが問題になってくる。家なので日本の工場勤務に使う日本語の基準は上下関係、勿論日本に行く側は下で有り、日本の全員は上司である事が前提で教えられる。実は敬語の連発で有る。しかしこれさえ出来れば、日本人は心地よい。下図にもあるが、世界の4分の1の人口は中国語を発祥とする。それに対して国の母国語として使われている国数は110か国で英語がダントツ1位、続いてアラビックが60か国、フランス語が50か国で、まあここら辺が主流となる

その前提があって日本人の英語力の無さは韓国に劣る。では日本語を世界に広める要因は何か?英語との連携で有る私は考えている。32年前英語とスペイン語を話したフィリピン人、私はそこにこの国の将来を賭けたが、残念第三世代では80%の人間が英語が出来ない。英語110か国+フランス語(ラテン語を起源とするスペイン語)50か国の国に胸を張って行けるが、今は日本人同様に胸を張っては行けない。これだけでも一冊本が書けるので、ああここまで。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000