アラフォーて何、ああアラウンド・フォーティ

いや、私のようなジジイから言わせれば、40歳代は小僧だが。女性は子供が生めない時が迫り、40:70では無いが、親の面倒も見る時代に差し掛かる。ハッキリ言って苦労する時期を先行するか? 後に持っていくかである。即ちアラフォーと言っている人は、苦労を後回しにした人達だ。私はバカだったから何も若い時考えないで、時代もバブル。金もあり考えずに23歳で結婚。24歳25歳で子供2名、45歳の時には子供は大学を出ていたし、父親や叔母の介護は大変であったが、36歳でフィリピンに移住。父親や叔母の介護は人材豊富で安いフィリピンで行った。しかし残念だったのは、フィリピン初で最大の医療介護施設を完成した44歳の時には、そこに入居させようと思っていた二人はすでにこの世にはいなかった。従ってアラフォーの時には既に終わっていた先行組。しかし後組は子供の事やその他を若い時に苦労しなかった分大変だ。40歳で出産。60歳で子供が成人。しかし40歳から60歳までは仕事も充実し、一般的には人生で収入が一番上がる時期で、ここで老後の資金を貯める時でもある。即ち資産構成期に金がかかる子育てや介護がのしかかる訳である。しかし感情的には子供がある家庭を作りたいとなるが、しかし男も女も40歳までに十分な資産構成が出来ているのか?という問題がある。

まあ、すこし過激なある人の意見では、高校や大学で子供を作り、高校や大学に託児所があり、社会人になる時には既に子供が成長して、会社に入っても出産で会社を辞めたりしなくて良い条件を作り、子供に良い教育を与え、38歳では子供は成人。40歳から人生を楽しみながら、老後の資産構成を60歳まで行うのが理想ではないかとの意見。まあ人生病気やその他の事故で思った通リには行かないが、この意見も間違っていないと思う。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000