フィリピンでのオンライン会計の確立

フィリピン支社等の会計サポートに採用したシステム。会計処理は困難な部分もあるが、誰かが、何処かで管理する必要がある。しかしそのために専属社員を使うのは無駄である。

その上物販飲食業では毎月の消費税の報告支払いの義務もある。いかに効率よくそれらの処理に当たるかが問題だが、金の入りと出が肝心だが、この仕組みは、動き回る人のお金の入りと出をスマホで管理し、実際の支払った領収書を写真に撮りDONEを押せば、クラウド上で本体の会計に現れる。我々会計センター側はこうした情報と他のSNS上で報告されるデータを元に会計バランスを作り上げる。これは日本の本社でも同時に見ることができる。規模にもよるが、こうした仕組みを5千円から3万円で組合員の為に請け負っていく。

フィリピンの税務署は遅れていて、まだエクセルデータでの受付だが、このシステムはエクセルデータに変換できるので、年度末の会計報告も簡単にできるので、会計検査のコスト削減にもなる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000