やはりマニラでマンション買わないが正解

32年前のマンションは良かった。たて続けに買った2つのマンション。当時アヤラがマンションと言うコンセプトで最初に建てたマカチィスポーツクラブ横のONE SALCEDOは12階建てで最低間取りが160平米、大きな2ベットルームには夫々にバスタブ付き洗面所、メードルームにもシャワートイレ、洗濯乾燥室。エレベーター12階なのに住人様に2基、メイド運転手や清掃任用に1基で、彼らは住人用エレベーター使用禁止。それでお値段は1200万円。住んでいた14年一回も修理をした事が無かった。そして勿論売った時には儲かった。

しかし何だ今のマンションは、この国の教育レベルが32年前は85位、今は108位でバングラデッシュと肩を並べるように成ると、設計者、管理者、そして建築作業員の質が当然落ち。今のマンションは、32年前同様にアヤラが作ったマンションでも、当時は考えられなかった劣悪なものに成っている。今住んでいるアビダ(アヤラ)は一階から5階まではSOHOと言い、住居にも事務所にも使えるので借りている。住居を借りて、オフィスも借りるより少し高くても良いと言う判断。そしてエレベーター。5階だが2基あるので、エレベーター渋滞は無い。これは重要なポイントで、あるマンションなんかは自分の部屋と1階までがエレベーター渋滞で15分かかる。私は底がポイントでマンションの買っていた。未だにマカチィにある私のマンションの1つは38階建てだが、エレベータは4基+作業用が2基計6基なのでエレベーター渋滞が無いが、時々故障で2基止まると渋滞を起こす。

話は戻るが、前の日曜日に朝9時から夜9時まで、停電に成った。勿論人的ミスで有る。故に翌朝にはマネージャーからお詫びのや状況説明の手紙か巡回があると思っていたが、3日経っても何も来ない。頭に来て、ここのサルは金銭で言わあいと解らないと思って、損害記録として苦情の手紙を出したが、返事が無い。まあ使って5カ月、当初からシャワーの下水が詰まる。水道の蛇口のパッキングgダメになる。ドアの隙間から中の光が漏れる 等々の無様な作り。まあバングラデッシュかと思えば良いが、最近のフィリピンの大学出は教育 民度の低下は著しい。まあ中国に成ったのか。自分の非を認めない。恰好だけは作るが内容が無い。12年前同じようなマンションを400万円程度で買っているが、しかし300万円でも売れない。それを2000万円で売っている。売る奴もおかしいが、買う奴はもとおかしい。無価値への投資、その上税金の高騰。管理費の高騰。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000