GRABカーの中古の売りが沢山ある。なぜ?

フィイピン日本人ビジネス組合でも組合員の為のレンタカーが必要だと思い、今日明日には私のお客様も載せられる個人用の車が来るが、これは私が運転するのだが、それとは別にもう一台買おうと思っている、探していたらGRABカーの中古の売りが沢山ある。なぜなのか、答えが解った。私も組合員の方が使わない間の運転手の給与を払う為にGRABと併用しようと思っていたが、車は思った以上に沢山売りに出てる。そして解った事は、GRABは売上の20%をピンハネするのである。私は10%くらいかと思っていたが、予想外に大きなピンハネだった。

大体GRABが1日で安全に8時間で稼げる金額は2800ペソとされている、しかしGRABにピンハネされた残りはなんと2240ペソしかない。これから計算すると、ガソリンや保険代や修理、駐車場を考えると、オーナーが車をローンで買っていた場合はローンの金利に追い付かない。 読めた、GRABはビジネスの利益を総取りしている。

故に現金で車両を買った人が、銀行高金利より得だとして3年で回収するというパターン以外に安全パイは無いという事に成る。しかた無い車を現金で買って、この方式で組合レンタカーと混合して遣るしか仕方ない。しかし投資金額にしては、情けない利益である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000