2年ぶりの東京。面白くなくなった東京。心配。

最近は年に3回は帰る日本だが、日本でのビジネスチャンスも考えて、大阪周辺神戸、京都や名古屋周辺、そして福岡周辺を旅して来たが、東京生まれ故郷には2年ぶりに帰って来た。同窓会があり何十年ぶりに34名の同窓生にあった。楽しかった。

物の数では1番の東京。人の数では1番の東京。しかし、ものの数が減っている東京。で昔のように面白くない。むしろ行き末が心配である? しかし地方にはそのものが多くある。

例えば「食べるもの」つまんないね東京は。最近の若者「味オンチ」だかなら。あれで良いのだろうが。。。昔はあの人が遣っているあの店って言うのが多くあったが、その彼らも高齢化でダウン、その空いたところに入り込んでくるチェーン店。「OX水産」「居酒屋OX」その他。出てくる刺身を見てると、盛り付けは違うが、皆一緒にまずい。どっかの商社が配っているのだろうが、小分けにした既に切られた刺身をパック詰めして、配送。または既に作った小料理をパック詰めでの配送、そこに居る料理人は包丁の使い方も知らない素人。パックから出して盛り付けるだけ。しかし基本も知らないから、ただカッコイイだけ、それを中国人かベトナム人が運んでくる。料理の精神は既にない。「精神」即ち「もの」が無くなった。高齢化につれて街が、「もの」無しに押し流されている。料理人が仕入れにも行った事が無い。行った事が無いから、何がどっちなのかも知らない。しかしそれで良いと言う消費者の選択。包丁一本さらしに巻いて。。は無い世界になった。同窓会でもない限り、旅人には面白くなくなった東京で有る。世界の旅人が地方に行くのは解るな。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • elmo2015

    2018.09.04 04:09

    同感です! どこの駅前も似たり寄ったりです。 昔はよかったなぁと思います。