昔はアジア一番の街がマニラであった事を証明するこの映像

1938年のマニラ。1969年に私が最初にマニラに来た時も、道にはストリートチルドレンはいなかった。マニラはたった2日だけマニラホテルに滞在し、その語シンガポールへ行ったが、今でも覚えているが飛行機はコメットであったが、コメットは当時は英国の代表機で有ったが、事故率も高く、高高度飛行は出来ないので、まあすごく揺れた覚えがある。まああの揺れはその後の記憶では、稚内空港からYS11で東京に帰った時の揺れと同様だった(笑) シンガポールの後はベトナムのサイゴンにパンアメリカン航空で行った。サイゴン到着30分前から、両翼に米軍ファントムが護衛が付いていた。ベトナムは1973年1月29日にニクソン大統領の「ベトナム戦争の終結」までは行っていなかったが、米軍のカンボジア侵攻時、タイから南東に行ったカンボジア国境のチャンタブリーには良く仕事の関係で行っていた。昔はタイでの定宿はオリエンタルホテルで名前ど忘れだが、日本人女将には良くしてもらった。タイでは、ミャンマー国境の「戦場にかかる橋」で有名なカンチャナブリーにも良く仕事で行っていた。何方もルビー、サファイアの露天掘りで有名な場所である。

話は戻るが当時のアジアには仕事が無い、ましてやストリートチルドレンは存在しなかった。なのに今はどうなっているのか?

この続きのこのフィルムもご覧ください。https://youtu.be/R469aq0_Ia0


Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000