政治家には金が必要だが、健康が1番。

安倍首相は2006年10月に内閣総理大臣に就任、しかし体調不調により翌年9月に異例の辞任をした。機能性胃腸障害との診断であったが、多分癌であったと思われる。

しかし2012年9月に4年の月日の後に不死鳥のように蘇り、最長の首相として、世界を飛び回っている。この活力はどこから来たのであろうか。この空白の4年間に何をしたのだろうか? 「人工多能性幹細胞」「induced pluripotent stem cell」再生医療とは、病気や怪我などによって失われてしまった機能を回復させることを目的とした治療法です。 iPS細胞がもつ多分化能を利用して様々な細胞を作り出し、例えば糖尿病であれば血糖値を調整する能力をもつ細胞を、神経が切断されてしまうような外傷を負った場合には、失われたネットワークをつなぐことができるように神経細胞を移植するなどのケースが考えられ、 iPS細胞から分化誘導した細胞を移植する細胞移植治療への応用が可能。多分この方式が使われたと考えられる。今フィリピン大統領が癌ではないかと噂されている。日本はこうした分野で世界トップレベルにある。まあ公表はされないであろうが、世界のトップは日本のこうした医療に期待し、日本から医療チームを受け入れる時も間近ではなかろうか?安倍首相は歩く日本医療の宣伝マンでもある。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000