マニラの洗車事情を考える。

フィリピンには自動洗車の機械は祖存在しない。これは自動販売機が無いのと同じで、その電気代で人は雇える、その上機械代では採算が合わないと言う現実。昔はマカチィでも多くの洗車場があった。水洗い、シャンプー、水洗いをもう一度。カラ拭きと内部マット洗いと車内ジュタンの掃除機かけで50ペソ(¥100)と言うのが相場だったが、その後家賃その他の高騰で激減した。今はモール等の駐車場で洗車の請負業者が多くいるが、洗車代は190ペソ(¥400)と高く、駐車場では水を使えないので、特殊な液体を使っているが、水で洗う訳では無いので、タイヤ泥受け等は綺麗にならないし、ホコリ付きで擦るので、塗料に影響があるのではと心配だ。マンションの駐車場も同じく水が使えないので、自分で洗車する訳にも行かない。マカチィにある洗車場は外周の不便な所にしか無く、価格も120ペソ(¥250)になっている。BGCにも一箇所、しかしこれも不便な場所。今は週一回見回りに行くうちの施設に行った時に自分でやるか、その手前にいくつかある洗車場に行くが、田舎人なので、都会より時間が30分は掛かる。まあしかし、100ペソ(¥200)と安い。

先日行ったら、このトヨタビオスを運転していた中年女性にナンパされた。名刺を渡されたが、このカブヤオで飲食店と呑み屋2軒経営しているようだ。先日このカブヤオで日本人経営の和食レストランが2年で店を閉めた。大変だよね。商売は。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000