結論:お金は最終的に人類を幸せに出来るのか

ここの所、この問題が私の頭にある。物々交換、そしてお金が国家と言う管理の元に始まり、その国家を巡り争いがあり、国家の頂点を目指して争いが起こる。我々がビジネスを考えるに、お金の計算無しにビジネスは無い。しかし世界は過去30年、フィリピンも含めて一般の所得はお金の上では増えていないが、そのお金で買える物は、フィリピンでは、たった過去6カ月で7%も上昇している。過去30年で考えてば、物の価格は2~3倍に成っている。最近値上げがあった庶民の足、ジプニーは9ペソから11ペソに成った。30年前は1ペソで有った。

では何故に日本は発展しているのだろうか? 「人類の為になり、幸せを作るもの」を作ろうとしているからだと思う。「お金が先」ではなく、この精神が有るからだと思う。

「お金」が先で作られたものは、寿命が無い。「安かろう悪かろう」日本は一時、この考えでモノを売り出したが、韓国、中国に敗れた。しかし結局、寿命が無い。「安かろう悪かろう」の発想は「お金が先」の考え方であるし、マネをする。コピーする。それを盗む。ではその人間、その国家は発展しない。その良い例が盗む、中国共産党であり、ただ買う、サウジアラビアの国家体質に現れ、人類である国民の人権を無視する。

最近思う事は、馬鹿だが「売上げ無し」「原価無し」のビジネス、これでは税金を貰って生息する国家は無くなる。そうした根源の部分から、もう一度「人類の幸せ」を考える「仙人」のように、歳をとって考えるようになった。


Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000